クチコミ情報|税務ポータルサイト

  • トップページ
  • 運営会社
税務ポータルサイト
クチコミ情報

相続とは、人の死によりその人が持っていた物を他の者が包括的に受け継ぐことです。借金等の負債についても負の財産という形で受け継がれます。財産以外の、形にならない死ぬ前にその人が持っていたいろいろな権利、義務も相続の対象となります。(その人のみに属し他の人に移転しないとされる権利義務を除きます)そして、これらの物は「包括的」に受け継がれ、これは受け継ぐがこれは受け継がないといった取捨選択をすることはできません。それらの財産、権利義務などはそれらの物を持って死んだ人の意志に沿って分配されるのが原則です。その意志は通常「遺言」という形で示されますがそれが不明なときは、法律の定めに従い受け継ぐ人を決定し、財産等が分配されます。

なお、例えば借金ばかりで財産がないなど、相続そのものをしたくない場合は3ヶ月以内にその旨家庭裁判所に申し出ることでこれを放棄することができます。また、財産において負債が資産を上回る可能性のある場合、負債清算後財産が残った場合のみ相続するという限定承認を行うこともできます。この場合、3ヶ月以内に相続人全員で家庭裁判所に限定承認する旨申し出なければなりません。

3ヶ月以内にこれらの申し出がない場合、それは負債や義務も含めたすべてを受け継いだ(単純承認)ものとみなされます。そして、これら行った放棄、承認行為は後日撤回することができません。